ラジエーションハウス

ラジエーションハウス第3話ネタバレ・感想!杏が唯織に宣戦布告!?

ラジエーションハウス 3話
スポンサーリンク
Pocket

今回は、ドラマ『ラジエーションハウス』最新話第3話をネタバレ!あらすじや感想など詳しくご紹介していきます!

脳の寄生虫に骨肉腫に乳がん…。

唯織は次々と発見困難な病気を見抜きますね。

始めは否定的だった杏も、唯織を腕を認め、態度を軟化するようになりました。

ところが、強力なライバルが現れてしまいます。

イケメン医師である辻村俊太郎に、放射線技師の唯織が勝てるのでしょうか?

最新回では、杏が唯織に宣戦布告も行います!

そんなドラマ『ラジエーションハウス』の最新話第3話はどんな内容になっているのでしょうか?すべてネタバレでご紹介しちゃいます!最後までお見逃しなく♪

スポンサーリンク

ドラマ『ラジエーションハウス』最新話第3話で活躍する杏とは?

甘春 杏(あまかす あん)。

甘春総合病院に勤務する、放射線科医で、院長の娘でもあります。

とてもプライドが高く、周囲にキツく当たることもしばしば…。

特に、放射線技師でありながら、医師の領分を侵す唯織(いおり)には、冷たい言動が目立ちます。

それでも、主人公・唯織は、杏に想いを寄せ続けています。

医師免許まで取って、一流の放射線技師になったのだって、幼い日の約束を果たすためです。

なのに、杏は、唯織とどれだけ話しても、思い出してさえくれません。

幼い頃は、あんなに優しくて良い子だったのに…。

ずいぶん、変わってしまいましたね。

しかし、それには理由があるようです。

犬嫌いになったり、唯織のことを忘れていたり、異様にプライとが高かったり…、

これらの原因も、過去に何か事件があってのことだと思われます。

たぶん、周囲に冷たく当たるのも、見下しているわけではないのでしょう。

「後継ぎ候補として、私がしっかりしないと!」

この思いが、杏の根底にはあるのだと思います。

決して、放射線技師たちを馬鹿にしているわけではないのです。

唯織に特別厳しいのだって、当然ですよね。

医師免許の無い人が、勝手にレントゲンをとったり、読影するのはご法度ですから…。

怒られるのが普通です。

誰でも簡単に取れたら、日本の医療費が大変なことになってしまいます。

放射能も、体に優しくありませんしね。

 

ドラマ『ラジエーションハウス』最新話第3話のネタバレ・あらすじ

乳がんではない患者・葉山

放射線科入局説明会で唯織が杏に見とれている頃。

広瀬は、マンモグラフィ検査(乳がんの検査)と格闘していました。

問題となっているのは、もうすぐ結婚する予定の、葉山です。

葉山は、放射線技師泣かせの胸でした。

乳腺密度が高く、画像を撮っても何も見えないのです。

実は、こういう人、日本には多いんですよね…。

それでも、読影するしかありません!

相談された杏は、念入りに読影して、『異常なし』という診断を下しました。

当然これではストーリーが成立しないので、後々、乳がんだと分かるわけですが…。

いったん、この患者のことは置いておきましょう。

 

乳がんかもしれない患者・黒羽

2人目の患者。

キレイ系な放射線技師・黒羽です。

あくまでも友人の画像だと言い張って、杏に読影の相談をしてきました。

ですが、本当は本人の画像です。

そうとは知らない杏は、バッサリと診断!

『悪性の腫瘍の可能性が否定できない』

なるべく早い、再検査を進めます。

 

葉山はデンスブレスト

上記2人の診断結果に「待った」をかけたのが、今日の本筋になります。

まず、『異常なし』と言われた葉山。

「あなたはデンスブレストです!」

唯織は、葉山を引き止めて、そう指摘しました。

デンスブレストとは、癌になりやすい遺伝子を持っている人のことです。

近親者が多く癌になることで、発覚します。

「隠れたガンがあるかもしれないから、出来るだけ早く超音波検査を受けて下さい!」

気の強い葉山は、唯織の忠告を聞きませんでした。

無視して、バスへ乗り込みます。

唯織は、諦めません。

読影室へ向かい、杏へ頭を下げます。

「葉山に超音波検査を入れて欲しい!」と。

杏は渋りました。

マンモグラフィ検査では、異常がありませんでしたからね。

そんな患者まで、超音波検査へ回していたら、病院がパンクしてしまいます。

「患者さんは、本当のことが知りたいと思うはずです!」

唯織は食い下がりましたが、残念ながら杏が一患者を特別扱いすることはありませんでした。

 

黒羽の診断結果

次に、2人目の患者。

同僚の黒羽です。

まだまだ新米な広瀬ですが、足を引っ張ってばかりではありません。

黒羽が、右胸を気にしているのに気づき、ピンときました。

おそらく、あの画像は友人ではなく、黒羽本人のものだ、と。

そこで、広瀬は小野寺に相談し、「超音波検査をしたほうがいい」という結論にたどり着きます。

検査を行うのは、広瀬。

黒羽の指示を仰ぎながら、超音波検査を始めます。

外で心配そうに見守る小野寺…。

検査の結果は、『良性の腫瘍』でした。

乳がんではない、ということですね。

広瀬は、大喜び!

黒羽も、思わず涙を流します。

 

葉山の再診結果

葉山が、もう一度来院しました。

唯織に、デンスブレストだと言われたのが、引っ掛かっているみたいですね。

正確な診断ができないと言っていたのに、診断結果では、『異常なし』と言い切っています。

「なぜなの?」

唯織は、マンモグラフィーについて説明します。

「マンモグラフィ検査で異常がなくても、デンスブレストの方には、隠れたガンがある可能性があるんです。

発見が遅れて、悲しい思いをする方をいっぱい見てきました。

自分の命を守れるのは自分だけだから、超音波検査をやらせて下さい」

唯織は、頭を下げます。

ところが、この検査でも、葉山のガンは見つかりませんでした。

またもや、『異常なし』!

これには、杏も激怒します。

勝手に検査した上に、異常なしだったのですから、当然ですよね…。

しかし、唯織は、腑に落ちないようです。

「造影剤を使ったMRI検査をさせて下さい!」、と杏に頼み込みます。

始めは突っぱねた杏ですが、唯織の熱意に根負けしました。

葉山に、MRI検査をする許可を下します。

結果は、『悪性の乳ガン』でした。

転移はありませんが、右胸を全摘出しなければなりません。

 

葉山のショック

葉山は、ショックでした。

結婚を控えているのですから、当然です。

婚約者は、このことをどう思うのでしょうね?

気落ちしている葉山。

ですが、婚約者は、葉山のガンを受け入れてくれました。

「見た目が変わるのはお互い様だ。君だって、僕の見た目だけを好きになったわけじゃないだろう?」

そう言って、葉山に手を差し伸べます。

こうして、唯織は1人の女性を救うことができました。

 

杏の宣戦布告!

杏に感謝されました!

唯織のおかげで、葉山を救うことができましたからね。

さすがの杏も、唯織のことを認めるしかありません。

が、技師に負けたという悔しい気持ちもあるようで…。

「アナタには負けない!」と宣戦布告されてしまいます。

唯織としては、杏の力になりたいだけなのですが、上手くいきませんね。

唯織は、辻村とイイ感じになっている杏を、ただただ見つめるしかありませんでした。

関連記事:ラジエーションハウス第4話ネタバレ・感想!結乃と杏の悩みとは?

 

第3話を観た感想

杏にライバル視されてしまいましたね。

その間にも、辻村と杏は、親密度が上がり続けているという…。

杏との約束を果たすためだけに努力を重ねてきたのに、切ないですね。

最後には、この気持ちが届くと信じています。

 

ドラマ『ラジエーションハウス』最新話第3話の感想は?SNSの口コミをチェック!

 

ドラマ『ラジエーションハウス』動画フル第3話無料視聴する裏技を紹介!

ラジエーションハウス 3話

ドラマ『ラジエーションハウス』動画フルを今すぐ無料視聴する方法として、おすすめのサービスはこちら!!

フジテレビが運営し動画配信を行っている『FOD(フジテレビオンデマンド)』になります。

FODは、これまでにフジテレビが制作したドラマや、バラエティ番組はもちろんのこと、アニメや映画など、なんと5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

また、動画とは別に人気雑誌の最新号を追加料金なしで楽しめるほか、話題のコミックも充実しているのでドラマの原作が気になったときも読むことができます。

そのFODが現在、今なら1ヵ月無料キャンペーンを実施しており、このキャンペーンのおかげで最新ドラマの動画フルが無料視聴出来るというわけです。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、1ヵ月以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

何よりこの1ヵ月間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

ただ、この1ヵ月間無料キャンペーンがいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

>>無料視聴する<<

 

まとめ

ドラマ『ラジエーションハウス』最新話第3話のネタバレ・感想をご紹介してきました!

今回のテーマは、乳がんでした。

マンモグラフィー検査を受けたからといって、必ずしも安心というわけではありません。

『超音波検査』や、『造影剤を使ったMRI』までして、初めて完璧だと言えます。

が、そこまですると病院がパンクしてしまうから、今回、唯織は苦労するハメになりました。

日本は医療先進国だと思っていましたが、こういった問題も抱えているんですね。

スポンサーリンク